日向ウィッグの加工方法

MENU

日向翔陽ウィッグのカット加工方法

 

 

コスプレウィッグ・キャラウィッグのカット方法を、ハイキュー 日向翔陽で説明します。

 

使用する道具は、カット用のハサミ、クシ、ダッカール、セット用ワックス、セット用ハードスプレー、下に敷くシート(あると後片付けが便利)です。

 

使用するウィッグは、ショートウルフラシットオレンジ。

 

ショートウルフラシットオレンジは、フカシが入って立てたりする加工がしやすいウィッグです。短めなので、ツンツンした髪型のキャラクターに最適です。

 

そのほか、ショートウルフラシットオレンジのおすすめキャラクターは…

  • 星空凛(ラブライブ!)
  • 野村アール(MARGINAL#4)
  • Joker(黒執事)
  • 千石清純(テニスの王子様)
  • 黒崎一護(BLEACH)

…などです。

 

ハサミは真っ直ぐよりも、すこし斜めに入れてカットします。ハサミを横にするとパッツンになってしまうので、確認しながら少しずつ進めていきます。

 

前髪部分の下の方から、少しずつ。ハイキュー 日向翔陽の場合は、目が隠れるくらいの位置でカットします。

 

サイドは、縦にハサミを入れて下の方向から、こちらも少しずつカットしていきます。

 

ショートウルフは、後ろ髪があまり長くないので、後ろは肩くらいの位置までになるよう少しだけのカットします。

 

次に、頭頂部の髪の立っている部分を作ります。
ショートウルフは、全体的に段が入っているので、上の方を少し切るだけでもツンツンにできます。

 

カットが終わったら、セットをする前に全体の長さを見ます。長い場合は、ここで微調整をほどこします。

 

ワックスを使ってセットをしていきます。市販のものでOK。ハードタイプの物がおすすめです。

 

まず、全体に薄くワックスをつけてなじませます。それから、少量ずつ毛先をねじるように形をつけていきます。

 

全体のバランスを見て、サイドからバックにかけて髪を立たせていきます。
ハイキュー 日向翔陽っぽくなってきたら完成です。

 

ウィッグを持ち運ぶ際には、軽くヘアスプレーをしておくと崩れにくくて安心です。