ウィッグのかぶり方(ロングヘアー)

MENU

ウィッグのかぶり方〜ロングヘアーのネットでのまとめ方〜

 

 

ロングヘアーを簡単にまとめて、ウィッグをつける手順を説明します。

 

ロングヘアーで髪の量が多くても、自毛をネットでまとめてウィッグをかぶれます。

ネットでのまとめれば、毛量に関係なくウィッグをつけられるんですね。

 

 

ウィッグを付ける時には、先ず髪の毛専用のネットをかぶります。

 

内側に手を入れて、すっぽり首までかぶって下ろします。

 

幅広のゴムがついている方を下にして、その部分はおでこで止めて、あとは引き上げます。

 

全部の髪の毛を入れて、後ろの髪は束にして毛先をクルクル巻いて、ネットの中に入れ込みます。

 

入れ込んだら、デコボコしているところを、指先で平らにならします。

 

デコボコがないように、できるだけ平らにします。ボコボコしてると、ウィッグをしっかりかぶれません。

 

ネットの中の髪の毛を整えたら、ネットの先をクルクルとまとめて、アメピンで止めます。

 

頭が丸く出来上がったら、ウィッグをかぶります。

 

タグが付いているほうが後になります。タグの両脇にアジャスターが付いているので、頭のサイズに合わせていろいろ調整できます。

ウィッグの大きさを変えられるのはいいですね。頭が大きい人も、頭が小さい人も、アジャスターで調整すれば、ちょうどいいサイズに出来そうです。

 

 

髪を前の方に垂らしてから、おでこに引っ掛けるようにしてかぶります。

 

かぶったら、前から後ろにひっばって位置を調整します。

生え際や襟足部分の位置も、しっくりくるところにもっていきます。

 

最後に、手ぐしで髪の毛を整えて、好きなところで分け目をいれたりして出来上がりです。

 

今回は、アクアドールの最高級品質のヴィーナスウィッグのボブをつけました。

 

つむじが自然で、触っても地肌みたいで、100%手植えです。とにかく軽くてぜんぜん重さを感じません。通気性もあるので、夏場もムレません。

軽くてムレないのは、うれしいですね。

 

 

サラサラしてて、指通りも滑らかです。

 

ウィッグは、つむじが不自然なのも多いから、帽子をかぶる人がほとんどだと思います。アクアドールウィッグは、そのままでも大丈夫です。

 

アクアドールの最高級品質のヴィーナスシリーズは、医療用にも使えるウィッグなので、かなりクオリティが高いです。

 

「ヴィーナスワンカールミディアムボブウィッグ」が正式な商品名です。

 

頬のラインから膨らむフォルムが、洗練された雰囲気で、小顔に見えるところが気に入ってます。

 

ファッションも選ばないし、カジュアルも、キレイめにも使えます。

 

カラーバリエーションも豊富で、ハニーブラウン、カフェオレ、ロイヤルブラウン、ショコラブラウン、ショコラブラック、ナチュラルブラックがあります。

 

カラーチャートは、メール便で送ってもらえるので実際の色が確認できて便利です。