ウィッグの前髪の切り方

MENU

ウィッグの前髪の切り方〜ぱっつんカットからシャギーの入れ方も

 

 

 

ウィッグの前髪の切り方を説明します。

 

買ったばっかりの時には、抜け毛が多いので必ず最初にブラッシングをしてとかしていきます。

 

ロングウィッグは、下から少しずつとかしていきます。

 

ちょっとずつ上にとかしていくことで、絡まないようにできます。

 

とかす時に、ヴィック専用のスプレーをするといいです。

 

とかしやすいし、絡みにくくなり、紫外線予防の効果もあります。

 

ウィッグスプレーは、ツルツルとすべる成分なので、床に新聞紙を敷いたり、洗面所で使うようにするといいです。

 

最初に、前髪と後ろの髪を分けて、後ろの髪は耳にかけるようにします。

 

後ろの髪は、シュシュなどでひとつにまとめます。

 

次に、前髪を切る範囲を決めて、切る部分とサイドの髪を分ける。

 

目尻の位置に合わせて、左右のサイドの髪を分けます

 

この時に、ウィッグがずれていないか、つむじの位置や左右のバランスを見て確認します。

 

ウィッグの髪は、毛束が何層にもなっているので、コームで上の髪をあげて、下の層を出すようにします。

 

すぐには切らない、上の方の前髪を前から後ろに持っていって、後頭部で留めます。

 

ハサミはできれば、髪専用のものがいいですが、普通のでも構いません。

 

最初は、ザックリとパッツンに横に切ります。

 

次に、ハサミを縦にして切り込み、シャギーをいれます。

 

少し長めに切って調整していく方が、きれいに仕上がります。

 

同じように、次の二層目をパッツンしてシャギーに切ります。

 

三層目も同じです。

 

前髪全部を、同じようにして薄くカットします。

 

前髪が終わったら、サイドと前髪の差が大きいので、サイドにもハサミを入れます。

 

サイドの髪を切る分だけ指に絡めて、クルクル巻きつけハサミを下向きに入れて切ります。

 

サイドの髪も前髪と同じように、下の層から順番に切っていきます。

 

最後は、形を整えて出来上がりです。

 

前髪をM字にする場合は、前髪の切る範囲を決める時に、左右の目尻のところから、三角になるくらいに髪をとります。

 

百均に売っているカット用のレザー(カミソリ)を使います。

 

先ず、前髪を三等分にします。

 

真ん中の束から、レザーを上から下に左右から入れます。切りたい長さの真ん中からレザーを入れて下におろします。

 

次に右側の束に、レザーを入れます。同じように切りたい長さの真ん中から下に向けてレザーを動かします。

 

同様に、左の毛束にもレザーを入れます。

 

だいたいM字っぽくなったら、形を整えて厚みを取りたい時には、前髪全体にレザーをいれて好みの厚さに調整します。

 

ヘアクリームなどの整髪料で、M字になるように整えます。